製品案内

コラーゲン含有ミネラル複合体 骨密度・骨質を改善 プロテタイト
前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

2.骨質(骨梁構造)臨床試験結果

(2-a)大腿骨頸部の骨梁構造解析画像

プロテタイト摂取前の画像は、骨梁の断絶がところどころに見られ、梁の数が減少している様子を視覚的に確認することができます。
プロテタイト摂取1年後の画像では、骨梁の断絶箇所が減少し梁が密になっており、骨梁構造が改善されている様子を視覚的に確認することができます。


(2-b)骨質(骨梁構造)の1年間変化率―被験者30名平均解析値―

(この表は、被験者30名の大腿骨骨梁構造の1年変化率の結果を表したグラフです。)

プロテタイト摂取1年後の骨梁構造は、10パラメータの内7パラメータにおいて1%以上の改善効果が認められ、特にフラクタル次元及び骨格面積については有意な改善効果が認められました。また、その他の3パラメータにおいても骨梁構造劣化の抑制効果が示されました。


ー神奈川歯科大学放射線学分野内 骨構造解析研究所ー



前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

Copyright (C) RBS Co., Ltd. All Rights Reserved. ※当ホームページに掲載されている画像を無断で転載、複製することを禁じます。